㊵ KATE BUSH / Wuthering Heights

2018.11.16 Friday
0

     

     

    1978年1月20日にリリースされた、イングランド出身の女性シンガーソングライター“ケイト・ブッシュ”のデビュー曲!

     

    (“ピンク・フロイド”の“デイヴ・ギルモア”が、彼女のデモ・テープを聴いて惚れ込み、レコード・デビューに至った。)

     

    “ケイト・ブッシュ”が19歳の時にリリースされた。

     

     

    本国UKでは何と!4週連続1位のヒットを記録!!

     

    オーストラリア、イタリア、ニュージーランドでも1位を記録しました。

     

     

     

    邦題は「嵐が丘」

     

     

    “エミリー・ブロンテ”の小説「嵐が丘(Wuthering Heights)」を元にしたBBC TVドラマからインスピレーションを受けて書かれました。

     

     

     

    当曲は デビューアルバム「The Kick Inside (邦題:天使と小悪魔)」(1978年2月リリース)に収録されています。

     

    1986年にリリースされたベスト・アルバム「The Whole Story (邦題:ケイト・ブッシュ・ストーリー)」には、新たにボーカルを録音した“ニュー・ボーカル・ヴァージョン”!が収録されました。

    このヴァージョンは1986年リリースの「Experiment 検廚裡轡ぅ鵐繊Ε轡鵐哀襦Ε譽魁璽謬擇咤隠殴ぅ鵐繊Ε轡鵐哀襦Ε譽魁璽匹砲蘯録されています。

     

     

     

    日本ではTV番組「恋のから騒ぎ」のオープニング・テーマとして使われました。

     

     

    ちなみに この曲のプロモーション・ビデオはUKリリース・ヴァージョンとUSリリース・ヴァージョンの2種類あります。

     

     

     

     

    後世に残したい洋楽ナンバー31〜40comments(0)|-|by よっしー

    ㊴ PETER CETERA / STAY WITH ME

    2018.10.24 Wednesday
    0

       

       

      “シカゴ”でリード・ボーカルをとっていた“ピーター・セテラ”は、“ミリオンダラー・ボイス(100万ドルの声)”と評される素晴らしいハイトーン・ボイスの持ち主です。

       

       

      彼は1985年に“シカゴ”を脱退、

       

      1986年にソロ・アルバム「ソリテュード〜ソリティア」を発表します。

       

       

       

       

      そして、1987年にリリースしたシングルが 当曲「Stay With Me」であります。

       

      このシングル・レコードは日本のみでリリースされました。

       

      邦題は「ステイ・ウィズ・ミー song for KA・GU・YA・姫」

       

       

      「犬神家の一族」「悪魔の手毬歌」「おはん」等の作品で知られる“市川崑”監督による日本映画「竹取物語」(主演は沢口靖子さん)の主題歌です。

       

      また、当曲はカネボウの1987年秋のイメージ・ソングにも起用されました。

       

       

       

      作詞・作曲は “ボビー・コールドウェル” と “ジョン・パーカー

       

      (※作者である“ボビー・コールドウェル”は、1989年の自身のアルバム「Heart Of Mine」でこの曲をセルフ・カバーしています。)

       

       

      プロデュースは “ピーター・セテラ” と “ボビー・コールドウェル” です。

       

       

      “ボビー・コールドウェル”らしいAORなメロディに、セテラの伸びやかで澄んだハイトーン・ボイスが入る素敵な曲です!!!

       

       

       

      日本のオリコン洋楽シングル・チャートでは、1987年10月12日付から4週連続1位!のヒットを記録しました。

       

       

       

      ちなみに「竹取物語」のサントラ盤には、シングルに収録のバージョンよりも長いアルバム・バージョンが収録されています。

       

       

       

       

       

      後世に残したい洋楽ナンバー31〜40comments(0)|-|by よっしー

      ㊳ BOBBY CALDWELL / HEART OF MINE

      2018.09.14 Friday
      0

         

         

        “キング・オブ・AOR”こと“ボビー・コールドウェル”が、“ボズ・スキャッグス”に提供したスロー・バラード・ナンバー。

         

        (ボズ・スキャッグスのバージョンは1988年のボズのアルバム「Other Roads」に収録されヒット! 全米35位、アダルト・コンテンポラリー・チャート3位を記録しています)

         

         

        今回 取り上げたのは、作者である“ボビー・コールドウェル”のバージョン

         

         

        曲は“ボビー・コールドウェル”と“ジェイソン・シェフ”、“デニース・マトコスキー”のペンによるものです。

         

         

        甘く都会的な、ボビコーによる、まさにAORな名曲です!!

         

         

        この“ボビー・コールドウェル自身のバージョン”は、1989年にリリースされたボビコーのアルバム『 Heart Of Mine 』に収録されています。

         

         

        日本では外国たばこ「パーラメント」のCMに使用されたりしました。

         

         

         

         

        後世に残したい洋楽ナンバー31〜40comments(0)|-|by よっしー

        ㊲ RAY KENNEDY / Just For The Moment

        2018.08.19 Sunday
        0

           

           

          レイ・ケネディ”は、、“マイケル・ブルームフィールド”、“バリー・ゴールドバーグ”、“カーマイン・アビス”らによる伝説のバンド“K.G.B”で リード・ボーカルを務め、ソウルフルで土くさいボーカルを聴かせてくれていた人物

           

          当曲は、1980年に発表された彼の2枚目のソロ・アルバム「Ray Kennedy (邦題:ロンリー・ガイ)」に収録されているナンバー

           

           

          メロディが美しいスロー・ナンバーで、1980年代AORの名曲です!

           

          イントロの美しいピアノ・シンセの音色・・・そこにレイのソウルフルでしゃがれたボーカルが重なってきます。

          そして、女性コーラスや “スティーブ・ルカサー”のギター がメロウさを出してきます。

           

           

          曲はレイと、K.G.B時代からのパートナー“ジャック・コンラッド”の2人で書いたもの。

           

          プロデュースはデヴィッド・フォスター

           

           

          この曲は日本ではビター飲料「B&L」のイメージ・ソングになっています。

          邦題は「風のモーメント」

           

          アメリカでは全米82位のヒットを記録している。

           

           

           

          後世に残したい洋楽ナンバー31〜40comments(0)|-|by よっしー

          ㊱ DAN FOGELBERG / Longer

          2018.07.10 Tuesday
          0

             

             

            1979年にリリースされた、アメリカのシンガー・ソング・ライター“ダン・フォーゲルバーグ”の6枚目のアルバム「フェニックス」に収録された名曲です。

             

             

            彼の透明感のある歌声と、アコースティック・ギターの優しい音色・・・素敵な曲です。

             

             

            歌詞の内容も素敵で、大自然の素晴らしさを表現して、それらよりも君を愛している・愛し続けると  愛を誓った究極のラヴ・ソング。

             

             

             

            シングル・リリースされ、全米2位(ビルボード)、全米アダルトコンテンポラリー・チャート1位!!のヒットを記録しました。

             

            そしてキャッシュボックスのチャートでは1位!!!を記録しています。

             

             

            日本では “日産グロリアCFイメージソング”として使用されました。

             

             

             

             

            後世に残したい洋楽ナンバー31〜40comments(0)|-|by よっしー
             

            ページの先頭へ