スポンサーサイト

2019.02.06 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    41 KOOL & THE GANG / Joanna

    2018.11.22 Thursday
    0

       

       

      1983年にリリースされた“クール&ザ・ギャング”のアルバム「In The Heart」からシングル・カットされたバラード・ナンバー。

       

       

      “クール&ザ・ギャング”は1979年に、リード・ボーカルに“ジェームス・JT・テイラー”を導入。

      さらにプロデュースとアレンジに“エミール・デオダート”を迎え入れて、それまでの“クール&ザ・ギャング”とは一新!ソフィスティケイトされた方向へと変貌を遂げた時期の作品である。

       

      ポップな路線へと進んだ彼らの音楽は、一般受けはするだろうが、通なソウル・ファンクのファンからは軟弱に聞こえるかもしれない。

      自分はどうかというと・・初期の“クール&ザ・ギャング”も好きだが、変貌を遂げた後期の“クール&ザ・ギャング”も好きである!

       

       

      リード・ボーカルをとっている“ジェームス・JT・テイラー”の歌声は、都会的であると同時に、どこか“温かみ・優しさ”がある。

      その“温かみ・優しさ”のあるボーカルも相まって、 とても いい曲である。

       

       

       

      アメリカでは 全米2位!、R&Bチャートで1位!!、アダルト・コンテンポラリー・チャート2位!!!のヒットを記録!!!!

       

      全英で2位 カナダではアダルト・コンテンポラリー・チャートい1位のヒットを記録しました。

       

       

       

      後世に残したい洋楽ナンバー41〜50comments(0)|-|by よっしー

      ㊵ KATE BUSH / Wuthering Heights

      2018.11.16 Friday
      0

         

         

        1978年1月20日にリリースされた、イングランド出身の女性シンガーソングライター“ケイト・ブッシュ”のデビュー曲!

         

        (“ピンク・フロイド”の“デイヴ・ギルモア”が、彼女のデモ・テープを聴いて惚れ込み、レコード・デビューに至った。)

         

        “ケイト・ブッシュ”が19歳の時にリリースされた。

         

         

        本国UKでは何と!4週連続1位のヒットを記録!!

         

        オーストラリア、イタリア、ニュージーランドでも1位を記録しました。

         

         

         

        邦題は「嵐が丘」

         

         

        “エミリー・ブロンテ”の小説「嵐が丘(Wuthering Heights)」を元にしたBBC TVドラマからインスピレーションを受けて書かれました。

         

         

         

        当曲は デビューアルバム「The Kick Inside (邦題:天使と小悪魔)」(1978年2月リリース)に収録されています。

         

        1986年にリリースされたベスト・アルバム「The Whole Story (邦題:ケイト・ブッシュ・ストーリー)」には、新たにボーカルを録音した“ニュー・ボーカル・ヴァージョン”!が収録されました。

        このヴァージョンは1986年リリースの「Experiment 検廚裡轡ぅ鵐繊Ε轡鵐哀襦Ε譽魁璽謬擇咤隠殴ぅ鵐繊Ε轡鵐哀襦Ε譽魁璽匹砲蘯録されています。

         

         

         

        日本ではTV番組「恋のから騒ぎ」のオープニング・テーマとして使われました。

         

         

        ちなみに この曲のプロモーション・ビデオはUKリリース・ヴァージョンとUSリリース・ヴァージョンの2種類あります。

         

         

         

         

        後世に残したい洋楽ナンバー㉛〜㊵comments(0)|-|by よっしー
         

        ページの先頭へ